日本国内で投資を行っている人が海外に転勤する場合などは注意が必要です。投資の種類によっては日本で経済活動を行っていることが前提となっており、海外に居住地を映す際にはその投資の権利を失う商品も有るからです。
特に難しいのがNISAです。NISAはその目的が日本経済の発展というところから、国内在住であり、日本で経済活動を行っていることが投資資格です。その為、長期間日本を離れる場合には原則として投資の口座を解約しなければなりません。
また、海外からの帰国者については基本的には日本に在住し働く場合にはその条件を満たしていると言えますが、NISAの審査機関には一定のタイミングが有り、これが4年に一度となっていることから、そのタイミングがずれてしまうと長期間投資ができない状態が続くことになることもあるので注意が必要です。
このように海外に滞在する場合や海外から帰国する場合には投資に関しての細かいルールがあり、これを知らずに投資口座をそのままにしたまま出国したりすると口座が強制的に解約されてしまうこともあるので注意が必要です。しかし、このような規則はなかなか詳細に事前に調べておくことは難しいものです。
そのようなときに頼りになるのが投資顧問です。よい投資顧問を見つけておくことで難しい海外からの帰国者の対応も適切にアドバイスしてくれますさらに、日常の投資における枠拡大などの課題についても適切にアドバイスしてくれるので、自らにあまり知識が無くても投資顧問の協力で的確な投資が始められるとともに、様々な知識を習得できます。
良い投資顧問を持つことは単に投資を任せるということではなく、自分の投資に関する最適な知識を効率良く得られるメリットがあります。